チヌークのアクロバット飛行

ドラマ「空飛ぶ広報室」に出演したことで広く知らられる事になったであろう CH-47 チヌーク
今回はCH-47 チヌークの詳細とアクロバット飛行について調べてみました。

CH-47

チヌークとはアメリカ合衆国のボーイング・バートル社で開発されたタンデムローター式の大型輸送用ヘリコプターです。タンデムローターとは期待の前後に配置された二つのローター(プロペラ)をそれぞれ反対方向に回転させてカウンタートルクを打ち消す構造の事です。兵士33名を輸送できる大型ヘリコプターで、配備開始から半世紀たった現在でも生産・配備されているロングセラー機となっています。相性の"チヌーク"は北アメリカのインディアン部族"チヌーク族"から命名されました。

自衛隊でも活躍

チヌークは日本の自衛隊でも採用されています。
航空自衛隊ではCH-47J・CH-47J(LR) が合わせて15機

1/72 航空自衛隊 CH-47J チヌーク

陸上自衛隊ではCH-47J・CH-47JA が合わせて55機が運用されています。(いずれも2012年3月末時点)

1/72 航空自衛隊 CH-47J チヌーク

高い輸送能力を活かして、 東日本大震災などの災害でも物資輸送で活躍しました。また、福島第一原発に空中から放水したのもこのCH-47 チヌークです。

アクロバット飛行

アクロバット飛行といえば「ブルーインパルス」ですが、そもそも航空機のアクロバット飛行というのは軍用機の機動性を活かしたものです。CH-47 チヌークも軍用機なので、大型の機体からは考えられないような高機動飛行を行う事ができます。

あの大型のヘリがどうしてこんな風に飛べるのでしょうか…

後ろ向きにタキシングしてます(タキシングといえるのでしょうか?前輪が浮いてますし)。

技MIX 航空機シリーズ CH-47 HC01
トミーテック (2011-04-29)
売り上げランキング: 21,583

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>