りんかい線のWebページが明らかにおかしい


東京のウォーターフロントを走る東京臨海高速鉄道りんかい線
JR埼京線と直通運転を行い便利なりんかい線ですが、りんかい線のWebページを見ていたら明らかに変な部分を見つけました。

車両について

問題のページはこちらの「車両について | 安心・安全への取組」です。
車両について|安全・安心への取組|りんかい線

りんかい線の70-000型車両はJRの209系に準じた設計となっており、編成組み換えで余剰となった先頭車をJR八高線用の209系に改造してしまうほどそっくりです。それよりも驚いたのはりんかい線の営業最高速度が100km/hであることです。これは中央快速線が2013年3月のダイヤ改正で達成した速度と同じです。問題のページにも「りんかい線内最高運転速度時速100km/h。」と記載があります。個人的には「時速100km/h」という表記も好きではないのですが、問題はそこではありません。このページの「/h」という部分は明らかに他の部分と違いが見られます。なんというか文字がギザギザしているのです。文字列選択をしてみると一目瞭然です。
twr
というか、「/h」だけではなく「時速」の部分も不自然すぎます。ページのソースも見てみましょう。
twr2
やっぱり・・・
思った通り、「時速」と「/h」の部分が画像になっています。ただ、「時速」の画像にはalt属性が設定されているので、音声読み上げなどでは「りんかい線内最高運転速度時速100km。」となります。

なぜだろう?

それでは、なぜ「時速」と「/h」の部分が画像になっているのか考えてみましょう。
「/h」の入力の仕方がわからなかった。これは絶対にないでしょう。
次に、音声ブラウザでのアクセシビリティに配慮した可能性です。読み上げた際に「じそくひゃっきろめーとる すらしゅ えいち」とならないように「/h」の部分を画像にしているのかもしれません。ただ、これでは「時速」を画像にした理由がわかりません。わざわざalt属性に「時速」を設定するのなら最初から「時速」と入力すればよいと思うのですが.... 理由がわかる方は是非教えてください。「時速100km/h」という表記も最初はちょっと違和感がありましたが、よく考えると「時速」と「/h」の両方があることで、日本語圏だけでなく世界レベルで時速100kmで走れるということをアピールできますね。

TWR

ここまでりんかい線に文句があるかのような文章でしたが、私はりんかい線が好きですよ。りんかい線沿線に住んでるわけではないのに、りんかるがプリントされたりんかいSuicaも持っています。それでは、最後に私の撮影したりんかい線の写真でお別れしましょう。

りんかい線と埼京線E233

りんかい線と成田エクスプレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>