独自ドメインのメールアドレスをThunderbirdで使う(Outlook.com)

Outlook.comで作成したメールアドレスは高機能なWebメールやiPhoneから利用できますが、今回は有名な電子メールクライアントThunderbirdで送受信してみます。

IMAP対応

Outlook.comは当初、POP3とEAS(Exchange ActiveSync)というプロトコルにのみ対応していましたが、2013年9月13日にIMAPにも対応しました。このため、iPhoneでもWebメールでもThunderbirdでも同じメールボックスの環境で独自ドメインのメールアドレスを利用できます。ただ、MicrosoftはIMAPよりもEASの方が優れていると主張し、EASに対応していないデバイスは古いデバイスだと言っているみたいです。私もIMAPよりもEASの方が好みです。Exchange ActiveSyncは名前が格好いいじゃないですか。
参考 : Outlook Blog - Outlook.com now has IMAP

設定

それでは設定していきましょう。
imap7
Thunderbirdのホーム画面から「新しいアカウント作成:メール」→「メールアカウントを設定する」を選択し、

あなたのお名前 : 差出人の名前
メールアドレス : 独自ドメインのメールアドレス(example@example.com)
パスワード : パスワード

を入力します。
imap4
すると自動でアカウント設定が表示されますが、これはPOP3の設定なので手動設定をクリックします。それにしても、なぜ独自ドメインのメールアドレスからMicrosoftのサーバーを使っていることが分かるのでしょう?不思議ですね。
サーバーの設定フォームが開いたら以下のように設定します。(もちろん、ユーザー名はご自身のをお使いください。)
imap5
再テストをクリックし、問題がなければ完了を選択して設定は終了です。
無事、受信トレイを開くことができました。
imap6
私は、Thunderbirdよりもブラウザから利用するOutlook.comの方が好みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>