Grub2でデフォルト起動のOSを変更する

grub2_00
Ubuntuなどについてくるブートローダー「Grub2」WindowsとLinuxのマルチブートの際などに利用することが多いと思います。今回はGrub2で自動的に起動するOSを変更していきます。

概要

Grub2は「grub.cfg」というファイルを読み込んでブートの順番等を決定するのですが、直接この「grub.cfg」というファイルを編集することはありません。「grub」というファイルを編集してから「grub.cfg」を再生成する形になります。イメージとしては「grub」という設計図を元にコンピュータが「grub.cfg」を組み立てるという感じです。

手順

まずは、デフォルトで起動するOSの名前を確認するために、一度grub.cfgを開きます。
Linuxで「Ctrl + Alt + T」を押し、端末を起動します。

gedit /boot/grub/grub.cfg

と入力し、Enterキーを押します。menuentryから始まる行が各OSの項目になっているので目的のOS、ここではWindows8の'から'までをコピーしておきます。

'Windows 8 (loader) (on /dev/sdb1)'

grub2_01
ちなみに、一番最後のカッコの中はそのOSがどこにインストールされているかを表しています。
grub.cfgを閉じて、端末に戻ります。続いて、grubを編集して行きましょう。

sudo gedit /etc/default/grub

と入力しEnter、

[sudo] password for ユーザー名:

が表示されたら、 パスワードを入力しEnterを押します。すると、編集画面が開くので、「GRUB_DEFAULT=0」となっている行の「0」の部分を先ほどコピーしたOS名(ここでは「'Windows 8 (loader) (on /dev/sdb1)'」)に書き換えて保存します。
grub2_05
最後に、grub.cfgを再生成します。端末に戻ったら、

sudo update-grub2

と入力しEnter、「done」と表示されれば完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>