Windowsの未来の話をしよう

windos8.11今日は、Windowsについてお話したいと思います。Windows8の発売から一年以上経ち、Windows8.1も登場したこのタイミングでハーバード大学の熱血教室のようなタイトルの記事ですが、読んで頂けると幸いです。

大きな変化を遂げたWindows8

2012年10月26日、Windows8が発売されました。Windows95から続いてきた従来型のスタートメニューを廃止し、タイル型スタートメニューを始めとする「Modern UI」と呼ばれる新しいUIの導入、エクスプローラへのリボン追加、WindowsStoreアプリなどWindows7から大きく進化したWindows8はデスクトップとモバイルの双方を統合するOSとしてリリースされました。タッチとマウス操作を融合したUIは従来からのWindowsユーザーからの不満も多くWindows7と比べると評判は悪いものでした。しかし、私はWindows8にWindowsPCの未来を見た気がするのです。タブレットやスマートフォンの普及によってシェアが減少していくPCの未来を。(タブレットもPCですが、ここでのPCとはタブレットではない従来型のPCだと思ってください。)

スタートメニューの革新

start
Windows8といえば従来型のスタートメニューが廃止されたことで有名です。スタートメニューがないからプログラムを探しにくい、シャットダウンの仕方が分からない。などの不満も多かったようです。
しかし、従来型のスタートメニューを知らない人間がこれまでのスタートメニューとWindows8のスタートメニューを触ったらどうでしょうか。おそらく、Windows8のスタートメニューの方が使いやすいと思うはずです。文字よりもアイコンが大きくなったことで視覚的にもわかりやすく、従来のスタートメニューよりも分類が容易になりました。
また、Windows8のスタートメニューは今までのWindowsでユーザーが導入していたランチャーソフトを不要にするものではないでしょうか。少なくとも私は、求めていたランチャーソフトの形がWindows8のスタートメニューと一致しました。任意のプログラムやドキュメント・フォルダをスタートメニューに追加できるのも魅力的です。プログラムが探しにくい?スタートメニューでプログラムの名前をタイピングすれば一瞬で見つかりますよ。
Windows8のスタートメニューはデザイン性も高いです。今までの文字ばかりのスタートメニューではなく非常におしゃれなスタートメニューとなりました。スタートメニューのデザイン性はWindows8.1で更に強化されています。ちなみに、このスタートメニューは動くんですよ。動くって言われてもイメージしにくいと思うので動画を用意しました。ご覧ください。

つまり、Windows8のスタートメニューは機能性もデザイン性も大きく進化したスタートメニューなのです。

その他のUIの話

ribon
エクスプローラにはリボンが導入されました。Microsoft Officeにリボンが導入された時もリボンを酷評する声はありました。しかし、このリボンUIも非常に良く考えられていると思います。アイコンがある事で機能が分かりやすく、コピー先の指定などエクスプローラも高機能なファイラーに進化した感じです。そういえばWindows8ではコピー機能も強化されましたね。
Windows Aeroの半透明なUIも廃止されました。個人的にWindows Aeroは気に入っていたので残念です。廃止しなくてもWindows AeroとMetroUIを切り替えられるようにして欲しかったですね。ただ、Aeroスナップなどの便利な機能はWindows8にも搭載されています。
Windows8のUIはどれも良い方向に進化していると思います。初心者には分かりやすく、上級者には多機能を。これは多くのソフトウェアが目指す所ですね。まあ上級者ならショートカットーキーを多用するのでUIはそれほど重要で無いかもしれませんが。

WindowsStoreアプリ

storeapp
Windows8では従来のデスクトップアプリに加えてWindowsStoreアプリが導入されました。「ストア」からインストールする、これまでとは違ったアプリの形です。柔軟なウィンドウ操作が出来ず、スマートフォンの弱点をわざわざ移行してきた感じで残念です。Windows8.1ではスナップ機能が改善されましたが、それでもデスクトップアプリと比較すると柔軟性はありません。内部的にはHTMLとJavaScriptで開発が出来たり、開発言語によるAPIの速度に差が無いなどメリットもあるのですが、それは開発者向けの話です。しかし、WindowsStoreアプリを配布する「ストア」ここは評価できるのでないでしょうか。

ストア

norad
MacOSのAppStore、UbuntuのUbuntuソフトウェアセンターという風に、一元的にソフトウェアをインストール・管理する物は今までのWindowsにはありませんでした。
WindowsにはMacOSの何倍ものソフトウェア資産があるはずです。しかし、そのソフトウェアは広大なインターネットから見つけるか、家電量販店に行って購入するかしないと使う事が出来ませんでした。OSにソフトウェアセンターがあれば、もっと簡単に多くのソフトウェアを使う事が出来ます。Microsoftによる審査・WindowsStoreアプリならばアクセス権の制限などによってマルウェアの被害を減らす事も出来てセキュリティ面でも安心です。
あまり知られていなようですが、「ストア」を通してデスクトップアプリケーションを配布・販売する事も可能です。現時点ではデスクトップアプリケーションを登録できるのは法人だけですが、これからは個人も登録できるようになるかもしれません。これからは、ベクターなどのソフトウェア配布サイトに代わって「ストア」がソフトウェアを入手する場となるかもしれませんよ。

Windows8の先にあるのは未来だ

Windows8には他にもジェスチャーログイン(Microsoftがスポンサーの某ドラマにも登場してました。)・ 起動時間の高速化・トースト通知の導入など、様々な進化を遂げています。私もWindows8の進化には感動したのでまだまだ語りたいですが、今回はこれくらいにしておきます。
PCが目指すものはなんでしょうか。初心者や子どもでも簡単に使える事でしょうか。たくさんの機能がある事でしょうか。それとも、処理の速度を高める事でしょうか?どれもPCの目指すべきものでしょう。手軽さだけを求めるならばタブレットでいい。処理速度ならスパコンを使えばいい。でも、PCはその両方を兼ね備える事ができると思うのです。Windows8はそれを示してくれました。
Windows95は複数のアプリケーションを同時に動かす事のできる画期的なOSでした。そして、Windows8はこれまで以上にマルチなOSとなりました。仕事でも遊びでも、ビギナーでもエキスパートでも、デスクトップでもラップトップでもWindows8は素晴らしい働きをしてくれるはずです。
Windows8の先には未来があります。Windowsだけではなく、パーソナルコンピュータの未来が。

Windowsの未来の話をしよう」への1件のフィードバック

  1. Provided

    だから失敗したんでは?

    Windows10も中途半端な様子は変わらないみたいです。モタモタしてるうちに、AppleからMacとは別のWindowsのようなosが、出たらマイクロソフトは潰されるんじゃないかな。
    個人的には、もうそうなったら良いと思ってますね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>