WindowsLiveアドミンセンター廃止前に作成しておきたいアドレス

s-microsoft-outlook-com-red
Outlook.comでのカスタムドメインのサポートが終了しますが(Outlook.comで独自ドメインがサポートされなくなりました)、その前に作成しておくべきメールアドレスがあります。

それは、
admin@example.com

webmaster@example.com
です。
WindowsLiveアドミンセンターでの新規ドメインの追加はすでに終了しています。現在は、すでに登録したドメインでのアカウント作成のみ可能ですが、これも2014年6月に終了する事が予定されています。つまり、必要なアカウントは作成しておく必要があるのです。

なぜadminとwebmasterなのか

admin@example.comwebmaster@example.com、これらはレンタルサーバーを利用する際など、ドメインの所有権を証明するために使われる事が多いメールアドレスです。これらのメールアドレスを保有していないと、ドメインを利用する際の手続きが面倒になる場合があります。
WindowsLiveアドミンセンターの廃止後もメールアドレスを作成する手段がなくなるわけではありませんが、メールサーバーを用意したりとハードルが高くなるため、今のうちにWindowsLiveアドミンセンターで作成しておく事をおすすめします。
また、Microsoftアカウントは270日間ログインがないと無効とされる場合がありますので定期的なログインをお忘れなく。
メールアカウントの作成方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>