WindowsとMicrosoftアカウントの融合

Windows8は新規にアカウントを作成する際、ローカルアカウントではなくMicrosoftアカウントの作成を強く勧めてきます。
WS000072
「新しいアカウントを作る」を選択すると
WS000073
Microsoftアカウントの作成画面になる
「Microsoft アカウントを使わずにサインインする」を選択すると
WS000073
新規にローカルアカウントを作成するには、小さく書かれた「Microsoft アカウントを使わずにサインインする」を選択しなければいけません。この仕様は批判の声が多く聞かれますが、実は利用者に優しい仕様なのではないでしょうか。
PCで1番利用されているソフトはなんでしょう?職場のPCならOffice、開発者のPCならテキストエディタの利用時間が1番長いでしょうが、家庭のPCで1番利用されているのはブラウザなのではないでしょうか。つまり、現代のPCはインターネットに接続する端末としての色合いが強くなっているのです。

PC≒インターネット

インターネットは便利なものです。無数の情報を得ることができ、SNSで人とつながる事も、買い物をする事もできます。ところで、SNSやオンラインショッピングに必ず必要になってくるものがあります。なんでしょうか?
そう、メールアドレスです。
TwitterにもFacebookにも、Amazonにも楽天にもメールアドレスは必要です。多くの場合プロバイダからメールアドレスが付与されますが、メールソフトの設定が必要ですし、1家庭に1メールアドレスでは不便なことも多いでしょう。MicrosoftアカウントならPCにアカウントを作成すると同時にOutlook.comのアドレスが取得できます。
Outlook.com – マイクロソフトの無料の個人用メール

メールアドレス

Outlook.comはYahoo!メールやGmailと比べるとマイナーですが、機能性や使いやすさは他の2つに負けないメールサービスです。メール内容の解析による広告表示もありません。MicrosoftアカウントでPCにログインした場合は自動でメールアプリに設定されるので、面倒な設定作業は不要です。新着メールはスタートメニューに表示されます。これもWindows8ならではの言える機能です。
WS0000712 (3)

オンラインストレージ

Microsoftアカウントを作成すると、同時にOneDriveで15GBのオンラインストレージを利用できるようになります。Dropboxなどのサービスに新規登録する手間なしにオンラインストレージが利用できるというのは、PC初心者に優しいと言えます。
Microsoft OneDrive

まとめ

MicrosoftアカウントはメールアドレスやOneDriveなど多くの機能を備えたアカウントです。Googleアカウントと違ってWindows8との親和性もよく、ログインするだけでPCにメール機能やオンラインストレージが設定されます。Windows8とMicrosoftアカウントがあれば、すぐにPCでインターネットの世界に飛び込むことが出来るのです。
WS0000712 (2)
あとがき
僕はローカルアカウントを作成してからMicrosoftアカウントに切り替える派です。なぜか?昔からPCを使っている方にはお判りですよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>