BIC SIM プリペイドパック レビュー

DSC04793
ビックカメラがIIJmioのサービスを利用して提供するBIC SIMのプリペイドパックを購入しました。

初IIJmio

今までプリペイドのSIMは日本通信のb-mobile 1GB定額を利用していたのですが、通信容量を600MBくらい残したまま30日の利用期限を迎えるのでもったいないと思っていました。たまには違うMVNO事業者のSIMも買ってみようと思い調べてみると、IIJmioプリペイドパックが2014年9月から通信容量を500MB→2GBに増量するとの事(「増量キャンペーン」という事になっているのですが、注意書きに「キャンペーン終了後はキャンペーン内容が正式なサービスとなります」みたいな事があって [´・_・`]・・・ となりました。でも、2GBが正式なサービスになる事は喜ばしいです。初回しか関係ないですが。)
IIJmio:「IIJmioプリペイドパック増量キャンペーン」のお知らせ

b-mobile 1GB定額の1GB・30日と違ってIIJmioプリペイドなら2GB・約90日(正確には開通から3ヶ月目の月末)で4000円。開通から4ヶ月目の月末まで可能なチャージも500MB・1500円と2GB・3000円が用意されていて完璧なサービスです。
(IIJmioホームページより)
001
002
こんなIIJmioプリペイドパックを見逃すわけにはいかず、早速購入する事にしました。

BIC SIM

最初はAmazonで購入しようかとも思っていたのですが、急いでいたのでビックカメラで購入する事にしました。ビックカメラにはIIJmioだけのパッケージは売られておらず、ビックカメラ専売のBIC SIMプリペイドパックが売られています。横には月額SIMやチャージ用クーポンコードも並べてありました。
価格は4093円に410ポイントがついて実質3683円。1ヶ月1300円程度と考えると月額SIMより割高感がありますが、利用の手軽さを考えれば妥当な価格だと思います。
IIJmioプリペイドパック for BIC SIM|BIC SIM powered by IIJ

Amazonはデジタル製品が安いので、ついつい注文してしまいますが、やはり家電量販店の買ってすぐ使えるメリットは大きいです。今回は価格差もないのでビックカメラで購入するのが正解でしょう。BIC SIMなら月額サービスに移行した時、公衆無線LANサービスのWi2が利用できるというメリットもあります。

パッケージ内容

店頭には商品カードが並べられていて、レジでSIMのサイズを伝えて購入します。
内容は台紙(兼パッケージ)・SIMカード・START PASS・IIJmioサービス契約約款・端末設定ガイド・月額プラン公衆無線LAN特典の案内です。
DSC04794
まずは、パッケージとSTART PASSを用意して開通手続きを行います。サービスとは関係ありませんが、自動応答の音質が日本通信と違ってクリアな感じです。日本通信はいつも曇った感じでした。
開通手続きをしてから3分ほどで開通するので、SIMカードを取り外して端末にセットしましょう。今回のSIMはドコモUIMカード DN05 通称ピンクSIMです。台紙に書いてあるとおりにAPNを設定すれば準備は完了です。
DSC04801
スピードテストをしてみた所、実速1Mbps以上出ていました。b-mobile 1GB定額で1Mbps超の速度が出たことはあまりなかったのでIIJmio、いい感じです。

IIJについて

IIJmioを提供しているIIJ(インターネットイニシアティブ)という会社、今まではほとんど知らなかったのでどんな会社なのか調べてみました。Wikipediaによると外資を除いて日本で最初に商用インターネット接続サービスを開始したISPだそうです。現在も公官庁と法人を中心に6500社の顧客を支えるインターネットのエキスパートのような会社です。IIJmioプリペイドパックのWebサイトも美しく、よくあるご質問がとても丁寧なので良い会社という印象を受けました。特に問題なく使用できれば、IIJmioクーポンカードを購入して継続利用していく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>