OneDriveのカメラアップロードボーナスはPCからでも取得できる

eyecatch
OneDriveのボーナス容量をWindows8 PCだけで入手することができます。
15-1
OneDriveでもDropboxでも、カメラアップロードを有効にすると追加の保存容量が入手できます。カメラアップロードというと、カメラの搭載されたスマートフォンでしか利用出来ないイメージがありますが、OneDriveではスマートフォンがなくてもPCのみでカメラアップロードのボーナスを入手することができるのです。
以下の説明はWindows8.1を利用しています
PC設定を起動し、OneDrive→カメラロールにアクセスします。
スクリーンショット (2)
「写真をアップロードしない」にチェックが入っていれば、「写真を高画質でアップロードする」「写真を最高画質でアップロードする」のどちらかをチェックします。
スクリーンショット (4)
サイドバーの「ファイルの保存」を選択し、容量を確認しましょう。ここでカメラロールのボーナスが追加されている場合と、ボーナスが獲得できず15.0GBのままになっている場合があります。

カメラアップロードを有効にしたのにボーナス容量を獲得できない場合は

実は、写真をアップロードする設定を有効にしただけではボーナス容量を獲得できないのです。WindowsPCでカメラアップロードのボーナス容量を獲得するには1回でもカメラアプリを起動することが必要なのです。
PCにカメラが接続されていなくても大丈夫なので、とりあえず1回は起動しましょう。
スクリーンショット (10)
位置情報の許可はどちらでも構いません。
スクリーンショット (5)
これでピクチャフォルダには「カメラロール」というフォルダが作成されます。OneDriveには「画像」フォルダ...ではなく、新規に作成された「Pictures」の中に「Camera Roll」フォルダが作成されます。画像・ドキュメントを日本語に翻訳したからには、ここでも「画像」の中に「カメラロール」を作成するべきだと思うのですが...やっぱり日本でのマイクロソフトはやる気が感じられませんね。
スクリーンショット (7)
さて、「PC設定→OneDrive→ファイルの保存」から容量を確認しましょう。無事にボーナス容量が増えているはずです。
OneDriveは検閲の噂が絶えませんが、それ以外では非常に使いやすいオンラインストレージサービスだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>