iOSはアプリの削除を無効化できる

two
iPhoneの画面に誤って触れてしまい、アプリを削除してしまうことはありませんか?
実は、iOSにはアプリの削除を制限する設定があり、これを活用することでアプリが誤って削除されるのを防ぐことができます。
画面をつけたままiPhoneをポケットに入れたりすると、間違ってホーム画面のアイコンを長押ししてしまい、さらには×マークを押して、さらには削除ボタンを押してしまうことがあります(僕だけかもしれませんが)
他にも、子供にiOS貸すときなどに誤ってアプリを削除されてしまうと困ります。これを防ぐのにも活用できる技です。
2015-05-23 20.55.26
まずは、設定Appより一般→機能制限を開きます。機能制限を使ったことがない場合は一番上の「機能制限を設定」を押します。パスワードの設定を求められるので4桁の数字を入力しましよう。
2015-05-23 20.55.28
このパスワードを忘れるとアプリの削除が出来なくなりますので、忘れないように気をつけましょう。
2015-05-23 20.55.36
「Appを削除」の項目をオフにします。設定はこれだけです。
two
ホーム画面でアイコンを長押しすると、普通はアイコンが震えだして×マークが付きますが、この設定をするとアイコンが震えるだけで削除できないようになります。
ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>